機会があったので

学生としてたくさんの時間を過ごし、勉強の大切さを知ることができました。
会社に入ってからは勉強をする機会がへり、仕事だけに集中するようになりましたが、たまに勉強が恋しくなるときがあります。
そんなときに、私はある勉強をする機会をみつけました。

新しくうちの会社に入ってきた外国人。とてもキャリアがあるそうですが、日本語がカタコトらしいです。
彼も一生懸命勉強をしているそうなのですが、これはいい機会だと思いました。
彼の母国語ですらすらと会話ができるようになりたい、そんな私をたくさんの人に見てもらいたい、そう思いました。

そしてその日から、私は語学のスクールに通うことにしました。
独学よりも語学のスクールに通うほうが手っ取り早いと思ったからです。
誰かに教えてもらったほうがずっと集中できるし覚えやすいでしょう。

毎週2回、語学のスクールに通って勉強をし、家では自分で買った教材を使って勉強をしていました。
会話力は独学で養うことが難しいので、語学のスクールでは単語よりも文法よりも、会話力を優先で教えてもらうようにし、家で単語や文法を覚えるようにしました。

早く社員の外人と会話ができるようになりたいという身近な目標があったので、勉強も苦痛じゃなかったですね。

語学のスクールに通って、通うごとに会話ができるようになるのが嬉しかったです。
そんな私の経験談、知識を紹介していきたいと思います。






What's New

2013/02/22
最新情報3を更新。
2012/11/19
最新情報2を更新。
2012/10/10
最新情報を更新。
2012/05/07
図書館にいこうを更新。
2012/05/07
ちょっぴり睡眠を更新。
2012/05/07
日を決めようを更新。
2012/05/07
休憩日をつくろうを更新。
2012/05/07
ヤル気があるなら語学のスクールを更新。
2012/05/07
ホームページリニューアル

おすすめ記事

焦らない

英会話スクールに行っていると、急いで習得しないといけない・・・という不安が襲いかかってきますが、実際はそんなに焦ることはありません。ひとつずつ、そして確実に覚えていけば大丈夫ですよ。

意識し過ぎない

語学を学ぶ上では、あまり学問として意識するべきではありません。というのも、日本人でも、日本語を専門的に学ぶ人って少数ですよね? 自然に扱えるぐらいで十分なのです。

これから

これからの人生で、外国語がずっと必要ない……と、自信を持って言えますか? グローバル化が進んでいますから、さすがに全く使わないで済むと言い切れる人は少ないのではないでしょうか。必要になってからスクールに通っても、遅いですよ。